ソーラーエネルギー

太陽光発電というのは太陽のエネルギーすなわちソーラーエネルギーを用いて発電をするものです。
その特徴は太陽光を使うので比較的安全な発電方法であるということ、自然エネルギーを使用して火力発電などのように二酸化炭素を排出するようなこともないので、クリーンなエネルギーのつくり方ができるということ、さらには、太陽光ですから、資源に依存をしないで基本的にはずっと使えるエネルギーであるといったような特徴があります。
これらの特徴から次世代のエネルギー源として注目されているものでもあります。
小さいものでは携帯に電力を供給するためのものから、家庭用の電力を供給するようなもの、大きなものになるとプラントのようなものまでできているのが太陽光発電の特徴といってもいいかもしれません。
太陽光は世界中のどこでもあるので、世界中で使用がのびている次世代の発電方法といってもいいかもしれません。
この太陽光発電の原理はN型半導体とP型半導体の接合面に太陽光があたるとマイナスの電荷はN型半導体に正孔はP型半導体に引き寄せられて電気が発生します。
ですから、ここで発生する電気は直流の電気が発生することになります。
このとき発生する電流の大きさは光の強度に比例しますので強い光があたるほど大きな電流がながれることになります。
このため太陽光発電では光の強度によって発電量がかわってくることになります。
ですからあれの日がつづけば多くの電気がつくれるのですが、曇りや雨となると発電できる電力が減ることになってしまいます。
この発生させれる電力が不安定で一定ではないところが太陽光発電のデメリットともいわれるところです。
このため夜間は発電できません。
ですから昼間発電しておいた電気を蓄電しておく技術というものが太陽光発電においては重要な技術となるということもいえます。
このように自然エネルギーを用いた発電ではこの蓄電技術というものが大きくかかわってくることになります。