屋根への負担

太陽光発電につきましては、導入をしてみて良かったことがいくつかあるようになっています。
その筆頭としまして、思った以上にリスクというものがなかったということです。
どのようないい事にもリスクはつきものなのですが、太陽光発電はそのリスクが極端に少ないということが、導入をいたしまして判明をしたというわけです。
nullその太陽光発電のリスクと思っていた部分なのですが、実は重さでした、やはり見た目からしまして、太陽光発電システムはかなり重そうで屋根に負担はかかるのではないのか、ということがずっと不安だったのです。
重いものを屋根に載せることで建てのものバランスが崩れないのか、ということも実際にかなり心配をしていたのが正直な気持ちです。
そこで太陽光発電の重さについてなのですが、実はかなり軽いということが導入をしてみてわかったのです。
例えば、瓦などと比べましても、太陽光発電は極端に軽い存在になっています。
陶器瓦と比べてみますと、太陽電池モジュールの重さは3分の1から4分の1程度となっています。
かなり軽いということがよくわかる部分です。
また軽い瓦として有名なストレート瓦につきましてなのですが、そちらの場合でも太陽電池モジュールのほうが30パーセントほど軽かったり、半分程度の重さになっていることもあるようになっています。
これは大きな差であるとも言えるでしょう。
以上のように太陽光発電はかなり軽い内容になっています。
屋根への負担もあまり考えなくてもよろしいですので、しっかりと活用をしていかれるべきです。