自然エネルギーの課題

自然エネルギーの発電システムには課題はまだまだ多いといえます。
その課題について記します。
自然エネルギーはコストがかかるといったことがあります。
この問題が解決しないと自然エネルギーによる発電が今の火力にとってかわって主たる発電システムとなりうる可能性は少ないともいえます。
今は自然エネルギーによる発電には政府が定めた料金で買取をすることが義務付けられているので、この分野に参入してくる企業もあるのですが、この買取された電力は電気料金に反映されて一般の利用者から回収されることになります。
つまり電気料金が高くなるというわけです。
今でも日本の電気料金は高いともいわれていますから、これがさらに高くなるということをよしとする人は少ないのではないかと思われます。
そして別の課題として不安定な発電量といったようなことがあります。
自然エネルギーによる発電は自然の影響によって発電量がかわり一定ではないというところに問題があります。
この安定した発電が期待できないというのは、主たる発電システムとして用いるものとしては厳しいものがあるといえます。
そして、この不安定さを補うために重要となるのが充電の技術です。
発電できるときに発電をしておいてそれを充電しておき、発電できないときにはその貯めた電気をつかうといったようなことが重要となります。
この充電システムも技術開発が必要とされています。
大容量の電気を貯める充電技術はまだまだ開発が必要で安価な充電システムが求められている状況といってもいいでしょう。
さらには、この貯めた電気を効率よく分配するスマートシステムといったものの開発も必要となっています。
このように自然エネルギー発電の技術はまだまだ発展途上にあって、主たる発電システムとして用いるにはまだ時間がかかりそうです。
日本のエネルギー問題を考えるうえで、比較的安全性がたかくてクリーンな自然エネルギーは魅力のある方法なのですが、その技術開発がまたれるところといえそうです。