太陽子発電では蓄電池の技術も重要

太陽光発電の技術はまさに日進月歩で進化しています。
確立された技術というわけではなくて、まだまだこれからどんどんと進化が期待されている技術といえます。
例えば太陽光発電の課題として充電池の技術があげられています。
太陽光発電は昼間しか発電ができないものですから、その昼間の電気を貯めておいて、夜に使えるようにするには、昼間の電気を貯める蓄電の技術が必要になります。
ですから夜に電気が使えたりするのはこの蓄電池からの電気の供給があるので使えるというわけです。
太陽光発電で蓄電技術とは切っても切れない関係にあるといってもいいでしょう。
さらには、太陽光発電の発電効率アップが期待されています。
この効率が上がれば現状よりももっと多くの電力を発生させることができるようになるのですから、この技術の重要さがわかります。
ただ、この技術の難しいところは効率はあげたいのですが、コストはあげたくないのです。
せっかく効率があがってもみんなが買えないほど高いものになってしまってはその効果は意味のないものになってしまいます。
効率をあげながらも量産ができる安い材料でつくれるようにすることが求められます。
特に日本という国は家が小さいことが多く密集しているところがおおいので、太陽光発電を設置するにはそれほど向いていないといったようなこともいわれませす。
世界的な競争社会にあって日本で太陽光発電を推進していいのかという議論がでるのはこのようなところもあるからです。
日本は独自の発電技術にかじをきったほうがいいのではないかというわけです。
ですが、この効率が上がれば日本でも太陽光発電を推進して良かったということにもなります。
太陽光発電の短所としてこの効率があまりよくないといったようなこともあげられたりもするのですが、将来的にはもっと効率のいいものがでてくると考えられます。
そうなればいまよりももっと多くの電力を発電することができるようになります。